更年期障害の治療でバランスを上げる~女性ホルモンの大切さ~

医者

閉経を迎えるまでの数年

全国的にも、多くの患者がいるとされている更年期障害は治療でしっかりと治すことが出来ます!適した治療法を選びましょう。

頭を抱える女性

50歳前後の女性は閉経を迎えることになりますが、閉経は突然やってくるわけではありません。まずは徐々に生理周期が乱れ、生理が早めに来たり、あるいは来なかったりすることを繰り返すようになります。そしてやがて、数ヶ月おきにしか来なくなり、最終的には1年以上来なくなり、閉経とみなされるようになるのです。なぜ生理周期が乱れるかというと、女性ホルモンの分泌量が低下するからです。女性ホルモンが周期的に分泌されている間は、生理も周期的にやって来るのですが、分泌が不安定になると、生理周期も不安定になります。さらにホルモンバランスの乱れにより、心身に不調を来たしやすくなります。これがいわゆる更年期障害で、日常生活に支障が出ることも多くあります。そのため多くの女性が、婦人科や心療内科などで、更年期障害の治療を受けています。

閉経後には女性ホルモンは、分泌量が少ない状態で安定します。そのため、女性ホルモンの分泌量が不安定なために生じていた更年期障害の症状は、出にくくなってきます。したがって閉経までの間にホルモンバランスを保てば、更年期障害の諸症状による苦しみは少なくなるということです。そのためにおこなわれている治療がホルモン補充療法で、これは人工的に作られた女性ホルモンを服用あるいは注射することで、体内の女性ホルモンの量を調節するというものです。この治療により女性ホルモンが補充されれば、分泌量が急激に減ったとしても、体内には女性ホルモンが存在しているわけですから、更年期障害は起こりにくくなるのです。閉経までには数年かかることが多いのですが、治療を受けることで、その数年間を快適に過ごすことが可能になるのです。

更年期の不調を改善する

右を向く女性

更年期障害は、女性ホルモンの分泌が減少し自律神経が乱れることで起こると言われています。更年期障害の治療として、足りなくなった女性ホルモンを補充するホルモン補充療法が一般的となっています。これらの治療には保険診療と自由診療があり、自由診療はより手厚いケアを受けることが出来ます。この他にサプリメントでの改善も人気となっています。

Read More

女性ホルモンを補います

笑顔の女性

更年期障害の治療では現在エストロゲンを補う塗り薬が、その手軽さから人気を集めています。この薬の作用は穏やかですが、少なからずホルモンに影響を与えるため使用量を守ることが必要です。持病によっては使用を避けなければならないこともあります。

Read More

症状を和らげるためには

考える女性

更年期というのは閉経を中心とするその前後のことを言います。この時期になると機能の低下によって、人によって様々な症状が表れてくるのが一般的です。こうした症状は生活習慣や薬、漢方などによって軽減することが可能です。

Read More